B型肝炎訴訟とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

B型肝炎訴訟とは何かいまいち分からない人も居るでしょう。これはB型肝炎に感染していることを前提に、ある条件を満たした人を対象とした訴訟です。訴訟と聞くと怖さを感じる人もいるかも知れませんが、勝ち負けを目的にしたものではありません。そのため条件に当てはまる人は、給付金請求を行うことをオススメします

集団予防接種7歳になるまでで昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に限り集団予防接種などを受けた方の中に、注射器を連続使用したことでB型肝炎ウイルスに感染した人、あるいは、母子、父子感染をした方や相続人も含めて対象となります。しかし本当に対象者になるかどうかは、裁判所において証拠と照らし合わせて確認をしなければなりません。証拠もなくB型肝炎給付金訴訟を行えるとなれば、収集がつかなくなる可能性があります。そのため厳格な確認をされなければなりません。

自分が集団予防接種を受けた期間の確認以外にも、法律や医学的な知識が必要な書類を作らなければなりません。素人では難しいので弁護士の力を利用する必要があります。B型肝炎給付金は、死亡、肝がん、重度の肝硬変で3600万の給付金が支給されます。他にも高額な給付金が支給されます。ただ、条件を満たしているかどうか分からない、必要な書類が何か分からないとなれば給付金を得られない可能性も出てきます。だからこそB型肝炎給付金請求訴訟に強い弁護士に相談するのが無難と言えるのです。