支給までの経緯

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

そもそもB型肝炎の給付金訴訟は国との裁判に勝利したことがポイントです。子供の頃の集団予防接種に問題があると考えた人は当時、ほとんどいなかったでしょう。しかし実際は注射器を連続使用したことにより、B型肝炎に感染した人が多く出たのです。その人達が区に対して損害賠償を行ったことがきっかけでした。

和解裁判所の仲介により、和解協議が行われて平成23年6月に国と原告の間で基本合意が締結されたという経緯があります。そして今後、提訴するという人のことも考えられて「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」により、裁判上で和解が成立した人を対象に給付金が支給されるということが法律で決められたのです。このような裁判の結果、法律が作られたので条件に当てはまる人は、支給資格があると言えます。しかし自分が条件に当てはまるかどうかは、国がすべて調査してくれる訳ではありません。そのため、自分で資料などを集めて裁判所に提出する必要があり、そこが支給を困難にさせている側面はあります。

訴訟と名前はついているのですが、条件に合う人ならば支給される制度と考えれば良いでしょう。しかし自分が条件に合うかどうか、調べたり、必要な書類を集めるのはかなり大変な作業となります。そのため一人で行うよりも専門知識を持った弁護士に相談することをオススメします。

弁護士に相談の場合

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

弁護士B型肝炎の給付金請求訴訟に関し、弁護士に相談をしようと考えたとしても、問題はあります。どんな弁護士に相談をすれば良いのかという問題です。弁護士なら全員、B型肝炎の給付金請求訴訟に関して強いという訳ではありません。確実に適切な給付金を受け取るために、どんな弁護士に相談をすれば良いのでしょうか。大前提として、B型肝炎の給付金請求訴訟の知識はもちろん、経験や実績がある弁護士や法律事務所に相談することが大切です

B型肝炎については、専門的に取り組んでいない弁護士などもあります。
高レベルの医学知識が求められる書類なども作成しなければならないので、やはり実績のある弁護士などにB型肝炎給付金請求の相談をすることが大切でしょう。B型肝炎の診断は難しく医師も判断をミスする場合もあります。結果、支給額が大幅に変わるということもあるのです。

例えば無症候性キャリアでは600万ですが、慢性B型肝炎だと1,250万と支給額の差があります。B型肝炎請求訴訟に詳しい弁護士はカルテの精査も行える人が少なくありません。支給額に関係するので弁護士選びは慎重さが必要です。B型肝炎給付金の支給対象となるためには証拠を出して認定を受けなければなりません。請求訴訟自体は一人でもできますが、時間や体力的な問題も関係して来ます。このような理由で、一人よりも、専門家である弁護士に相談をした方が良いと言えるでしょう。

B型肝炎訴訟とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

B型肝炎訴訟とは何かいまいち分からない人も居るでしょう。これはB型肝炎に感染していることを前提に、ある条件を満たした人を対象とした訴訟です。訴訟と聞くと怖さを感じる人もいるかも知れませんが、勝ち負けを目的にしたものではありません。そのため条件に当てはまる人は、給付金請求を行うことをオススメします

集団予防接種7歳になるまでで昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に限り集団予防接種などを受けた方の中に、注射器を連続使用したことでB型肝炎ウイルスに感染した人、あるいは、母子、父子感染をした方や相続人も含めて対象となります。しかし本当に対象者になるかどうかは、裁判所において証拠と照らし合わせて確認をしなければなりません。証拠もなくB型肝炎給付金訴訟を行えるとなれば、収集がつかなくなる可能性があります。そのため厳格な確認をされなければなりません。

自分が集団予防接種を受けた期間の確認以外にも、法律や医学的な知識が必要な書類を作らなければなりません。素人では難しいので弁護士の力を利用する必要があります。B型肝炎給付金は、死亡、肝がん、重度の肝硬変で3600万の給付金が支給されます。他にも高額な給付金が支給されます。ただ、条件を満たしているかどうか分からない、必要な書類が何か分からないとなれば給付金を得られない可能性も出てきます。だからこそB型肝炎給付金請求訴訟に強い弁護士に相談するのが無難と言えるのです。

B型肝炎給付金とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

B型肝炎の給付金請求訴訟については分からないことも少なくありません。どうすれば訴訟ができるのか、また、何が必要か、そもそも自分は支給対象者かどうかも分からないというケースもあります。例えば、訴訟という言葉だけを聞いて腰が引けてしまう人はたくさん居るでしょう。誰でも負けてしまった時のことを考えてしまうからです。しかしB型肝炎の給付金請求訴訟に関しては勝ち負けではなく、条件を満たしていたら、給付金が支給されます

裁判所給付金請求訴訟では、すでに国との和解が成立しているからと言えるでしょう。また、その過程の中で、条件も改定されており、例えば、亡くなった人に対しても給付金が支給されるなどと変化がありました。
しかし自分がその条件を満たしているかどうか立証することに困難さが出て来るのです。
なぜかというと、法律や医学的な知識が必要な書類や資料なども集めなければならないためです。そのような猥雑な作業を自分でやらなければならないこともたくさんあります。そして目的のために医療機関や裁判者に何度も行く必要が出て来るのです。

ただ、一人で行うのが難しくても専門家を利用することでスムーズに話が進むのです。B型肝炎給付金請求訴訟が得意な弁護士も居ますので、相談をすればサポートをしてくれるのです。しかしどのような弁護士が得意と言えるのか、信頼できるのか判断するのも難しいでしょう。B型肝炎給付金請求については、専門的に取り組んでいない弁護士などもあります。B型肝炎給付金請求訴訟に興味はあるけれど自分が対象者かどうか、何をすれば良いのか手引書を見ても分からないという人も居るはずです。当サイトではB型肝炎給付金請求訴訟において、支給金を得るためには何をすれば良いのか解説します。